Technology開発技術

超音波を使用した乳がん用診断装置
「リングエコー」について

「リングエコー」は、東京大学医学系研究科・工学系研究科での医用超音波技術を基にした、
リング型超音波振動子を用いた革新的な乳がん用画像診断装置です。
東京大学を始めとする学術機関・医療機関等のご協力を得ながら開発を進めています。

リングエコー装置の目指す姿

「リングエコー」は、以下のような乳がん検査の実現を目指します。

製品イメージ

乳房をベッドの穴に入れるだけで……

  • 誰もが安心して検査を受けられる
    • 乳腺密度が高い人も診断可能
    • 被曝なし
  • 検査者のスキルに依らず、再現性の高い乳房全体の3次元画像が撮れる
  • 自動診断支援技術による読影負担軽減
  • 医療機関 / 患者さんの費用負担を軽減

使用イメージ

受診者がうつぶせになり乳房をベッドの穴に入れると、円環状の超音波振動子が上下に移動しながら乳房内を撮像します。
振動子が身体に触れることはないため、受診者が撮影中に痛みなどを感じることはありません。
また、乳房を下垂させた状態で撮影するため、再現性の高い撮影が可能です。